公式合同テスト最終第2日
 【鈴鹿サーキット(三重県) ペン=田村尚之、碓氷英靖】 最後にソフトタイヤでアタックした石浦は最速から0・136秒遅れの5番手止まり。「課題がたくさん見つかった。現時点で負けているのが分かった」。昨年の王者は現時点でクルマの調整が思うように進んでいない。それでもダメなことが分かったのは大きな収穫.....
【ログインして続きを読む】