シリーズ2連覇を狙うセルモ・インギングの石浦宏明(37)は1周のタイムアタックで3番手タイムまで躍進した。ただし、計測2周目は時間切れ。タイム更新の機会をふいにしてしまい、「コースに出てみないと状況が分からなかった。Q3ではタイヤ交換が一番遅くアタックも1周しかできなかった」と悔やんだ。