今季から全レースでソフト、ハードの両タイヤを決勝で装着する2スペック制が導入されたが、もてぎ戦は2016年から先行的に導入された大会で今回で3回目となる。レース距離は250キロ。コースはストレートと低速コーナーの繰り返しが多い「ストップ&ゴー」と呼ばれるタイプ。ブレーキの性能が勝敗を分け、タイヤ.....
【ログインして続きを読む】