第6戦決勝
雨にも負けず水煙にも負けず今季初V
小林可夢偉(右)の猛攻をしのぐ関口雄飛
小林可夢偉(右)の猛攻をしのぐ関口雄飛
 【岡山国際サーキット(岡山県) ペン=田村尚之、碓氷英靖 カメラ=多賀まりお】降り続く雨に翻弄(ほんろう)されたレースは34周で打ち切りになったが、今季初、通算5勝目を挙げたインパルの関口雄飛(30)と、最後は2位に終わったKCMGの小林可夢偉(31)が壮絶なバトルを繰り広げた。コースにとどまる.....
【ログインして続きを読む】