第7戦(最終戦)決勝
 【鈴鹿サーキット ペン=田村尚之、碓氷英靖】初タイトルに向けて猛プッシュを続けたキャシディは、1秒にも満たない差で大魚を逃した。「僕もチームも全力を尽くし、全てを出し切った。結果は残念だけど、戦い方には誇りを持っている」。自身の判断で、山本らグリッド上位選手とは異なる硬めのミディアムタイヤをスタ.....
【ログインして続きを読む】