スーパーフォーミュラの来季型車両「SF19」の開発テストは30日、三重県の鈴鹿サーキットで最終日の走行が行われ、ダンディライアンの松下信治(25)がホンダの開発車両で1分36秒313を刻んで打ち上げた。27日の最終戦・予選で無限の山本尚貴がマークしたポールタイム、同37秒909より1.5秒以上も.....
【ログインして続きを読む】