開幕戦決勝
 【鈴鹿サーキット(三重県) ペン=田村尚之、碓氷英靖、佐藤洋美】KCMGの小林可夢偉(32)が残り1周までトップを走った。スタートで履いたソフトタイヤの感触が良く、チームがピットインを遅らせる戦略を取ったが、タイミングを逃し最終周に消化。9位に終わった。「まさか(SCが)4回も出るとは。2回目が.....
【ログインして続きを読む】