励ましより成長の糧になる
日本の報道の「伝統」に疑問
厳しい表情をみせる一貴。痛恨の思いは誰よりも本人が一番感じている(カメラ=千葉一成)
厳しい表情をみせる一貴。痛恨の思いは誰よりも本人が一番感じている(カメラ=千葉一成)
 F1第15戦日本GP(4日決勝)が行われた三重県・鈴鹿サーキットでは、詰めかけたファンの誰もが3年ぶりに帰ってきたF1マシンのエキゾーストノートを満喫した。残念だったのは中嶋一貴(24)=ウィリアムズ=の不振。あと一歩で入賞を逃してきた今季を象徴するような流れにのみ込まれてしまった。経験が不足し.....
【ログインして続きを読む】