全盛期のウィリアムズ・ルノーのようだった
クラッシュ薬に成長を
意外な速さを見せたマルドナド(AP)
意外な速さを見せたマルドナド(AP)
 今年のウィリアムズは、速い。最初にそう実感したのは、開幕戦2日目、フリー走行でコース脇に出かけた時だった。

 場所は1〜2コーナー。時速300km超から約150kmまで急減速して右、左と切り返し、そこからの立ち上がりでDRS(可変リア・ウイング)を利かせながら全開加速して行く区間だ。

 1コ.....
【ログインして続きを読む】