第9戦
初ポールを喜ぶ松下(柴田久仁夫撮影)
初ポールを喜ぶ松下(柴田久仁夫撮影)
 併催のF2第9戦は1日、20台参加で予選を行い、ホンダ育成ドライバーの松下信治(ART)が唯一の1分30秒台となる1分30秒982をマークし、予選最速タイム。レース1のポールポジション(PP)を獲得した。2015年からGP2(現F2)にフル参戦して3年目で自身初のPP。「ようやく念願のポールを取.....
【ログインして続きを読む】