PPスタートもマシントラブル
 併催のF2でロシアンタイムの牧野任祐(ただすけ、20)がポールスタートのビッグチャンスをふいにした。

 23日のレース1(出走20台)で8位入賞を果たし、リバースグリッド制が採用される24日のレース2(19台)でPPを獲得。ところがスタートで出遅れ、7周目にマシントラブルでスローダウン。「問題.....
【ログインして続きを読む】