第10戦予選
 併催のF2第10戦は31日に予選を行い、14番手だったロシアンタイムの牧野任祐(21)は「F2に来て最もフラストレーションを感じた日」と納得のいかない表情。反対したにもかかわらず、フリー走行の最後、チームの指示でソフトタイヤを履いたというが「おかげで予選最初のアタックは中古タイヤでいかざるを得な.....
【ログインして続きを読む】