「クルマの感触とても良い」
 昨年のデイトナを制したウェインテイラーレーシングの小林可夢偉(キャデラックDPi)が本番(25〜26日決勝)を控えた最後の練習走行で、1分35秒340の最速タイムをマーク。「この時点での最速はうれしいな。クルマの感触がとても良く、決勝に向けてきちんと仕上がってきた証拠」と会心の笑みを見せた。狙う.....
【ログインして続きを読む】