プラクティス1回目早々にクラッシュ
ぶっつけ本番予選で10番手
閃光一発! ぶっつけ本番のようだった予選で見事10番手を獲得、場内の声援に応える琢磨(カメラ=松本浩明)
閃光一発! ぶっつけ本番のようだった予選で見事10番手を獲得、場内の声援に応える琢磨(カメラ=松本浩明)
 今日の琢磨の1日は波乱の幕開けだった。プラクティス1回目で開始早々3周目にオイル漏れのトラブルから大クラッシュ! マシンを大破させてしまう。マシンを修復するためにプラクティスの2回目の途中まで時間を要してしまった。

 予選は言ってみればぶっつけ本番。「マシンを大きく変更した」というセッティングで快走し、なんと10番手を獲得! もてぎにいたファンは拍手喝采、興奮のるつぼとなった。

 「チームのメカニックとスタッフが本当によくクルマを直してくれた。予選をちゃんと走れただけでも奇跡です」と、上気しながら語る琢磨。

 だが、その予選の前後にもプロモーションの仕事は目白押し。ホンダ・ディーラーとの記念撮影会やグリコのキッズ・トークショーに臨み、夜には東京中日スポーツのキッズ記者の質問を受けたりと、走行以外にも忙しい1日だった。

 しかし、もてぎ場内に来たファンは琢磨の予選走行の走り見て、きっと満足して帰路に着いたことだろう。

 起死回生――。不死鳥のように甦った今日の琢磨はそんな言葉が似合いそうだ。明日はどんなレースを見せてくれるだろうか。(モータースポーツ・ジャーナリスト)
グリコ・キッズトークでの琢磨。ファンは遅くまで待っていてくれた
グリコ・キッズトークでの琢磨。ファンは遅くまで待っていてくれた
応援してくれるホンダ・ディーラーとの記念撮影に臨んだ琢磨
応援してくれるホンダ・ディーラーとの記念撮影に臨んだ琢磨