名古屋モーターショーのPRをするアテンダントの川合真喜さん(左)と中村璃紗さん=中日新聞社で
名古屋モーターショーのPRをするアテンダントの川合真喜さん(左)と中村璃紗さん=中日新聞社で
 2年に1度の自動車の祭典「名古屋モーターショー」(中日新聞社など主催)が12月12日から4日間、名古屋市港区のポートメッセなごやで開かれる。

 28日、アテンダントの川合真喜さん(21)と中村璃紗(りさ)さん(22)=いずれも名古屋外国語大4年=が中日新聞社を訪れ、「車好きはもちろん、子どもから大人まで楽しめます」とPRした。

 ショーの出展ブランド数は、前回から12ブランド増え47ブランドと過去最高となり、輸入車が大幅に増える。最新一般車や安全技術の体験試乗を充実し、自動運転車両の同乗もOK。B級グルメの移動販売車も増える。

 入場料は大人1500円、中高生700円と前回の半額以下に下げ小学生は無料になる。問い合わせは事務局=(電)052(561)5675。