7・15はBMWモータースポーツフェスティバル2017
 世界のサーキットで2輪と4輪で活躍するBMWは15日、モータースポーツの祭典「BMWモータースポーツフェスティバル2017」を静岡県小山町の富士スピードウェイで日本初開催する。スーパーGT(SGT)のGT300クラスに参戦する「BMWチームスタディ」のBMW・M6GT3、全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスにBMWのS1000RRで挑む酒井大作選手らのデモンストレーション走行が予定されるが、レース車両などの同乗走行も開催。真夏の富士がBMW一色に染まる。

   ◇ ◇ ◇
 こんなイベントを待っていた。日本でも熱狂的なファンが多いBMWの2輪、4輪が一堂に会し、その魅力を思い切り体感できる真夏の新しい祭典。BMWオーナーに限らず、誰でも参加できるところが太っ腹だ。

 目玉はSGTのGT300クラスに参戦するスタディのヨルグ・ミューラー選手がドライブする、M6GT3の助手席に乗れる「レーシング・カー・タクシー」だろう。ピットアウト、インだけではなく、2周も走るので1.5km近い富士の長いストレートの全開走行も体験でき、日常生活では決して味わえない未知の世界を堪能できる。

 そんな貴重な助手席に座れるのはたった3人。さすがに狭き門だ。フェスティバルの当日、現場で行われる抽選会には何が何でも申し込みたいところ。日ごろの行い(?)はスッパリと忘れ、ひたすら神様に祈るしかないだろう。

 レース車両にこだわらなければ、BMWのスポーツ車「Mモデル」に同乗できる「M・タクシー・ドライビング」、インストラクターが運転するBMWモトラッド(2輪)の後席でサーキット走れる「モトラッド・タクシー・ライディング」も楽しそうだ。

 両タクシー走行も全開走行が楽しめるメインストレート通過もある2周の走行で、モトラッドは4人、Mは10台での走行を4回も行うため40人が体験できる。ともに当日の抽選で参加者が決まるため、この日ばかりは神妙な面持ちで祈るしかないことが多そうだ。

 自分でBMWの車両を運転できる「BMWテストドライビング」などはすでに参加者の募集も終わっているが、それ以外にもBMWの世界観を味わえる催しは盛りだくさん。午前9時過ぎにスタートするオープニングイベントのパレードランに始まり、コース上にはずっとBMWの車両が2輪、4輪問わずに走り続けるお祭り状態。最後はBMWの4輪が300台、モトラッドが200台も集まる壮大なパレードラン「BMWフェアウェルパレード」で締めくくり。BMWの信奉者には、きっと忘れることができない1日になることは間違いない。
◇4輪、2輪熱走デモ「BMWアルティメイトショー」
 フェスティバルではコース上で2輪と4輪のレース車両がそのパフォーマンスを見せつけ合う「BMWアルティメイトショー」が2回も開かれる。SGTのBMW・M6を駆るヨルグ・ミューラー選手と、S1000RRに乗り込んだ酒井大作選手が交互に2周したあとに並走を2周に渡って行い、クールダウンを含めた計5周の熱走を披露する。同乗走行とはひと味違う、本気の走りが見られるはずだ。


◇BMWマイスター集合のトークショー
 コース上で繰り広げらえる迫力の走行イベントに加え、定番の参加選手によるトークショーも行われる。SGTに参戦するBMWチームスタディの鈴木康昭監督とヨルグ・ミューラー選手、そしてJSBに参戦している酒井大作選手、エクストリームライダーの小川裕之選手に加え、もうひとり特別ゲストを交え唯一無二の存在とも言えるBMWの魅力について語り合う。


◇一見の価値あり、曲芸モトラッド
 2輪で曲芸走行をするエクストリームで活躍中の小川裕之選手がBMWモトラッドのF800Rで行うスタントショーも見逃したくないイベントだろう。同選手は世界的なトップ選手で、今年もアメリカやフランスで開かれた国際大会で3位や準優勝を獲得している実力者。自分の手足のようにバイクを操る姿は一見の価値がある。


◇楽しさいっぱい、ちびっ子もBMW
 パパやママがBMWに熱中していても、このフェスティバルなら安心だ。屋内外で充実したキッズプログラムを用意している。室内のキッズルームでは小さな子供が大好きなボールプールやトミカで遊べ、屋外のキッズパークでは足で地面を蹴って進む「ストライダー」の体験試乗やエキシビションレースの開催を予定。子供は子供で熱中できる場所がありそうだ。


◇胃袋も大満足!フードコーナー
 たくさん遊べばおなかも空く。フェスティバル飲食ブースにはBBQやピザ、カレーライスなどの定番メニューに加え、特別メニューも数多く用意。参加型イベントを楽しんだあと、限定メニューに舌鼓を打つのも悪くない。
◇前売り券絶賛発売中
 BMWモータースポーツフェスティバル2017の前売り入場券は、通販型プレイガイド「イープラス」で絶賛発売中だ。大人2000円、18歳未満1000円で未就学児は無料。駐車料は4輪が1000円で2輪が500円。

 前売り件はBMW/BMWモトラッドの正規ディーラーでも限定販売しており、大人1500円、18歳未満は500円。ただし、ディーラーでの前売り数は数に限りがあり、まずは問合せを。

 「BMWカスタマー・インタラクション・センター」電話0120・269・437
電子メール=BMW(support@bmw.com)まで

 当日券も富士スピードウェイの西ゲートで発売する。大人2500円で18歳未満は1500円。数々の催しが予定され、午前9時20分にはオープニングを告げる。「M CORSOパレードラン」が始まるだけに、前売り券を事前に用意していた方が安心だろう。