来月2日締め切り
 入門カテゴリーで実績がある「ル・ボーセモータースポーツ」(坪松唯夫代表)が、毎年恒例のオープンアカデミー「ル・ボーセフォーミュラアカデミー」を開催する。

 ジュニアフォーミュラやカート経験者を対象に、フォーミュラカーの運転に欠かせない荷重移動やブレーキコントロールなどの基礎を学べる。講師陣はスーパーフォーミュラなどで活躍する山下健太、全日本F3の宮田莉朋ら。技量に合ったアドバイスでスキルアップを図る。

 今年は参加者から来季のスーパーFJ、FIA−F4のスカラシップドライバーを選考する予定。将来的にフォーミュラを目指すアカデミー育成ドライバーも選ぶ。

 開催は8月22日で会場は栃木県のツインリンクもてぎ。対象は15〜19歳のレーシングカート、スーパーFJ、F4経験者。定員20人で受講料2万円。申し込みはチーム公式ホームページから。締め切りは8月2日。