ラリーアルクスネで2位
ラリーデビューしたオリバー・ソルベルグ(右)とコドライバーのヴェロニカ・エンガン(PSRX提供)
ラリーデビューしたオリバー・ソルベルグ(右)とコドライバーのヴェロニカ・エンガン(PSRX提供)
 2003年のWRC王者のペター・ソルベルグ(42)=ノルウェー=の息子オリバー(15)が、先週末ラトビアで開かれた「ラリーアルクスネ」でラリーデビューを飾った。2輪駆動オープンクラスにプジョー208R2で出場して2位フィニッシュ、父譲りの健脚をみせた。父はWRC参戦の後、14、15年と世界ラリー.....
【ログインして続きを読む】