ホンダにとってF1は特別
チャンピオン早期実現目指す
開幕戦オーストラリアGPで苦杯をなめたホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者(カメラ=鶴田真也)
開幕戦オーストラリアGPで苦杯をなめたホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者(カメラ=鶴田真也)
 20日の開幕戦オーストラリアGPでマクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが大クラッシュし、ジェンソン・バトンも1周遅れの14位と苦しんだ。それでも確実に成長の跡は見えた。今年から指揮を執るホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者(52)に今後のビジョンを聞いた。 (聞き手=鶴田真也).....
【ログインして続きを読む】