今季から新たな予選方式が追加される。30分間のセッションを行い、各選手の最速タイムでレース1のグリッドを、2番目に速いタイムでレース2のグリッドを決める。各レースごとに予選をしていた従来のシステムも存続する予定で、各大会ごとに予選方式が異なるという。