併催の全日本F3の専有走行で一番時計となったのはランク首位をひた走るトムスの坪井翔(23)だ。今回は第13、14戦のほかに7月に雨天順延となった第9戦も実施され、1大会3レース制。今季は既に9勝を挙げており、今大会で初タイトルが決まる可能性もある。「3つとも勝つつもりで行く」。攻めの姿勢で臨む。