元全日本F3選手で車いす生活を送る長屋宏和さん(38)が16日、富士山登頂に2日間の日程で再挑戦。惜しくも約3000メートル地点の7合目で時間切れとなり、頂上にたどりつけなかった。登山用に改造した手動の車いすで臨み、「時間と天候などのタイミングが合えば、頂上まで登れるポテンシャルは十分あると実感.....
【ログインして続きを読む】