第11回全日本学生フォーミュラ大会第1日
決勝へ意気込む京都工芸繊維大の井上寛之キャプテン(左)と白井哲ドライバー(カメラ=R−20)
決勝へ意気込む京都工芸繊維大の井上寛之キャプテン(左)と白井哲ドライバー(カメラ=R−20)
 学生が手作りマシンで競技を行う「第11回全日本学生フォーミュラ大会」が6日、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園で77チームが参加してエンデュランス走行第1日が行われた。

 競技は4日から行われており、この日はメーンの20km走行を実施。昨年初優勝を飾った京都工芸繊維大学は今年もV候補最右翼だが、.....
【ログインして続きを読む】