第15回全日本学生フォーミュラ大会
450ccを選択した名工大は3位だった(竹内英士撮影)
450ccを選択した名工大は3位だった(竹内英士撮影)
 7月13日の中部地区発表会で「軽量で機敏なマシン作り」を目標に掲げた名古屋工業大。最大排気量が710ccに引き上げられる中、450ccエンジンを選択した作戦が当って速さを見せた。最終日の耐久走行には京都工繊大とともに最後に登場し、互いに最速ラップを塗り替えて、3位フィニッシュ。ただ、「速さの名工.....
【ログインして続きを読む】