学生フォーミュラ
ウエット路面で苦戦したヨアネウム応用科学大のマシン(鈴木伸夫撮影)
ウエット路面で苦戦したヨアネウム応用科学大のマシン(鈴木伸夫撮影)
 学生自作のフォーミュラカーによる競技大会「第16回全日本学生フォーミュラ大会」(93チーム出場)が8日、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園で最終日を迎え、クルマの走行性能や耐久性を競うエンデュランスを行った。1周約1キロの特設コースを各チーム2人が10周ずつ走行、合計タイムや燃費などを競った。

.....
【ログインして続きを読む】