FIA−F4
 併催のFIA−F4は予選に続き第5戦の決勝を35台で争い、HFDPの太田格之進(19)がポールtoウインで初優勝を飾った。立命館大法学部2年の学生ドライバー。昨季は鈴鹿のレーシングスクールに通い、今季からシリーズに初挑戦。「レースペースに自信があった。序盤を抑えれば勝てると思っていた。大学とレー.....
【ログインして続きを読む】