IPSデビューだった福住仁嶺(22)=キーパー号=はトップ争いに絡むものの連続5位。「セクター3で速さがなく、ストレートで追いつかれて1コーナーで抜かれるパターン。次戦に向けたクルマ作りの課題にしたい。でも、また5位か―という気分」と振り返った。ダンディライアンから参戦するスーパーフォーミュラで.....
【ログインして続きを読む】