全日本ラリー選手権第4戦
涙の初優勝を飾った福永修(左)とコドライバーの齊藤美早子(JRCA提供)
涙の初優勝を飾った福永修(左)とコドライバーの齊藤美早子(JRCA提供)
 全日本ラリー選手権第4戦「若狭ラリー2017」が19〜21日、福井県おおい町を中心としたターマック(舗装路)で行われ、総合優勝を争うJN6クラスはラリー歴30年、46歳のベテラン福永修(三菱ランサー・エボ)が、ディフェンディングチャンピオンの勝田範彦(スバルWRX)とのバトルを0・4秒差で制して.....
【ログインして続きを読む】