WRC日本開催モデル
新城ラリーの表彰式。(左から)愛知県の大村秀章知事、優勝した勝田範彦とコドライバーの石田裕、新城市の穂積亮次市長(大村知事のツイッターから)
新城ラリーの表彰式。(左から)愛知県の大村秀章知事、優勝した勝田範彦とコドライバーの石田裕、新城市の穂積亮次市長(大村知事のツイッターから)
 全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー」が15〜17日、愛知県新城市を拠点として行われ、最高峰のJN1クラスは勝田範彦(スバルWRX)が、奴田原文雄(三菱ランサー)とのシーソーゲームを5・7秒差で制して今季初優勝を飾った。開幕戦に勝った新井敏弘(スバルWRX)は3位。新城ラリーは世界ラリー選手権の.....
【ログインして続きを読む】