6&11位でわずか1点差守り切る
最終第10戦「MFJ−GP」決勝
スズキに5年ぶりとなる全日本最高峰タイトルをもたらした小島(カメラ=MCスクエア・木田淑)
スズキに5年ぶりとなる全日本最高峰タイトルをもたらした小島(カメラ=MCスクエア・木田淑)
 全日本モトクロス選手権第10戦(最終戦)「MFJ−GP」の決勝が25日、宮城県・スポーツランドSUGOで行われ、スズキのチームメート同士の王座争いとなったIA1クラスは、小島庸平が6&11位、熱田孝高が7&6位で、わずか1点差を守りきった小島が初の戴冠。スズキに5年ぶりの国内最高峰クラスタイトル.....
【ログインして続きを読む】