加賀山らも応援に駆けつける
「74Daijiro」全国大会
トップ6の表彰台。全国大会だけに表彰式も華やかだ(DAIJIRO−CUP提供)
トップ6の表彰台。全国大会だけに表彰式も華やかだ(DAIJIRO−CUP提供)
 オリジナルポケットバイク「74Daijiro」の全国大会が2日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で開催された。雨が降ったりやんだりの不順な天候となったが、全国(関東17、奈良1、九州10)から集まった28人の子供が熱いバトルでしのぎを削った。

 決勝はポールポジションの阿部恵斗(8)。予選3番手の佐々木將旭(10)との一騎打ちとなりコーナーごとに激しく順位を入れ替えたが、中盤に阿部が転倒。これで佐々木が独走優勝し、2年ぶり2度目の全国制覇を果たした。2〜6位は五十嵐翔希(9)、横田侑季(9)、岡部怜(9)、宮崎隼(9)、大和颯(8)の順。加賀山就臣、武田雄一、手島雄介ら全日本のトップライダーも応援に駆け付ける華やかな大会になった。