プレゼンターに青木拓磨
74Dijiroバンビーノクラス最終第4戦
プレゼンターの青木拓磨(手前中央)と上位入賞者(74Dijiro.net提供)
プレゼンターの青木拓磨(手前中央)と上位入賞者(74Dijiro.net提供)
 74Dijiroバンビーノクラス第4戦(最終戦)が24日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で行われた。同クラスは9月にレースデビューを飾ったばかりの初心者が集うクラスで、今回は8台が出場した。

 レースはポールポジション(PP)の久川鉄平(5)が全戦優勝を狙ってスタートしたが、池上聖竜(5)が久川を逆転して初優勝。「予選で1番になれなかったのが悔しかったけど、勝ててうれしい」と笑顔を見せた。3位には初参戦の谷上蒼(6)が入り、表彰台に上った。takuma―GPとの併催のためプレゼンターは青木拓磨が務めた。(佐藤洋美)