現役レーサーも参加
第9回SG川口オートポケットバイクレース
上位入賞の選手たち(カメラ=佐藤洋美)
上位入賞の選手たち(カメラ=佐藤洋美)
 「第9回SG川口オートポケットバイクレース」(子供モーターサイクル推進実行委員会)が12日、埼玉県・川口オートレース場で49台が参加して行われ、子供たちが寒さに負けない熱戦を繰り広げた。

 今回は32期生の鈴木圭一郎、片野利沙ら現役オートレーサーも参加する豪華メンバーになったが、片野は準々決勝、鈴木は準決勝で敗退し、ともに決勝に残れず涙をのんだ。激闘の結果、優勝したのは横尾桂汰(8)で、以下2.松山拓磨(9)3.黒川京介(15)4.大和颯(10)5.山田尚輝(11)6.岡谷将太(11)7.高木咲来玖(8)8.秋山龍生(9)の順。

 この8人は8月3日に川口で行われる「たたら祭り」に参加。盛大な花火が打ち上げられる川口オートを疾走する。実行委員長の青木國衛さんは「これからも子供たちのために頑張りたい」と大会を振り返り笑顔で語っていた。(佐藤洋美)