大治郎カップ開幕戦
成績上位者の表彰台。今年も大治郎カップが始まった(カメラ=佐藤洋美)
成績上位者の表彰台。今年も大治郎カップが始まった(カメラ=佐藤洋美)
 大治郎カップ開幕戦が23日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で行われ、オリジナルポケットバイク74Daijiroが40台参加した。最速クラスは16台で争われ、ポールポジション(PP)の五十嵐翔希(しょうき、11)が終始レースをリードして念願の初優勝を飾った。「5歳からレースを始めて、ずっとずっと勝ちたかったので優勝できてすごくうれしい。これからも練習をして、チャンピオンになりたい」と胸を張った。

 2位には大和颯(しゅう、10)、3位に松山拓磨(9)。以下、牧田颯生(そうき、11)、内山瑛須(えいす、8)、秋山龍生(10)の順。第2戦は5月4日に開催される。(佐藤洋美)
熱戦の火ぶたが切っておとされた(カメラ=佐藤洋美)
熱戦の火ぶたが切っておとされた(カメラ=佐藤洋美)