初の2&4形式で開催
Daijiroカップ全国大会「74GP」
74GPで快走。上位でフィニッシュし表彰台に立ったエントラントら(Daijiro−CUP提供)
74GPで快走。上位でフィニッシュし表彰台に立ったエントラントら(Daijiro−CUP提供)
 ポケバイの74Daijiroを使い、年に一度開催されるDaijiroカップの全国大会「74GP」が17日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で行われた。今大会は初の2&4形式で実施、2輪57人、4輪35人がエントリーした。最終レースの74Daijiroエキスパートクラスは18台が出走、昨年に続き、大和颯(10)が2連覇を飾り、牧田颯生(11)、松山拓磨(9)が続いた。

 イベントはタレントの多聞恵美がMCを担当、Daijiroカップ出身で現在全日本JGP3に参戦中の栗原佳祐のほか、船橋オートレースの鈴木圭一郎、片野利沙らがゲスト参加、閉鎖の動きがある船橋オートレース場の存続を訴えた。またDaijiroカップ第4戦は11月2日に開催される。(佐藤洋美)