松山がポールトゥウイン
開幕戦決勝
岐阜県・明智ヒルトップサーキットで開催された大治郎カップ。優勝した松山拓磨(最上段)や上位入賞者が表彰台に立った(カメラ=佐藤洋美)
岐阜県・明智ヒルトップサーキットで開催された大治郎カップ。優勝した松山拓磨(最上段)や上位入賞者が表彰台に立った(カメラ=佐藤洋美)
 オリジナルポケットバイク「74Daijiro」で争われる大治郎カップは、これまで埼玉県・サーキット秋ヶ瀬を中心に行われていたが、今年より中部〜西日本地区でも全6戦で開催することになり、その第1戦「DAIJIRO CUP KID’S BIKE RACE」が5日、岐阜県の明智ヒルトップサーキットで行われた。

 この日は、朝からの雨の影響で路面はウエット。さらに霧が少し発生するという難しいコンディションの中、10台がグリッドに並んだ。ポールポジション(PP)は、千葉から参戦した松山拓磨(10)、2番手は宮西風杜(奈良・10)、広島からの遠征の渡邊虎太郎(8)が3番手からスタート。松山はスタートで出遅れたものの、最後は独走で優勝。力走を見せた渡辺が2位。3番手を走行していた宮西が転倒したため、鹿児島から遠征の彌榮郡(8)が3位に入った。4位は濱崎響(三重・11)、最後のストレートで豊田を逆転した田中風如(千葉・8)が5位、高速コーナーで転倒、再スタートして走りきった豊田哲慎(三重・7)が6位となった。

 第2戦は4月26日にスポーツランド生駒で開催される。