大治郎カップ第3戦決勝
後続の猛追をしのいで先頭を守った宮崎(右)(カメラ=佐藤洋美)
後続の猛追をしのいで先頭を守った宮崎(右)(カメラ=佐藤洋美)
 オリジナルポケットバイク「74DAIJIRO」で争われる「大治郎カップ」第3戦の決勝が7日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で16台が出場して行われ、ポールポジション(PP)の宮崎隼(12)がホールショットを奪い、松山拓磨(10)、大和颯(11)、江沢伸哉(9)が続いた。逃げる宮崎に最終ラップで松山、大和が追いつくが、宮崎が振り切って優勝した。宮崎はフリー、予選、決勝と1位の完璧な戦いを見せ「うれしい」と満面の笑み。2位以下は大和、松山、江沢、藤原毬花(11)、山本航(9)の順。

 次戦は7月12日に開催される。(佐藤洋美)