74Daijiro最終第6戦
今年の74チャンピオンに輝いた宮崎(中央)を、12年王者の佐々木将旭(同左)と11年王者の佐々木歩夢(同右)が祝福した(カメラ=佐藤洋美)
今年の74チャンピオンに輝いた宮崎(中央)を、12年王者の佐々木将旭(同左)と11年王者の佐々木歩夢(同右)が祝福した(カメラ=佐藤洋美)
 オリジナルポケットバイクで争われる「74Daijiro」は22日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で第6戦(最終戦)を行い、ランク2位だった宮崎隼(12)が2連勝となる今季3勝目を挙げ、ランク首位だった松山拓磨(10)を逆転、1ポイント差で初の王座を獲得した。

 宮崎は「バイクが好きでチャンピオンになりたいと思って小1から走ってきました。やっとその夢がかなってすごくうれしい。来年はミニバイクで走り、将来はダニ・ペドロサみたいなライダーになりたい」と大喜びだった。

 松山がランク2位。大和颯(11)が同3位。(佐藤洋美)