大治郎カップ開幕戦
74Daijiro開幕戦の表彰式。プレゼンターはスーパースポーツ世界選手権の大久保光(右から2人目)
74Daijiro開幕戦の表彰式。プレゼンターはスーパースポーツ世界選手権の大久保光(右から2人目)
 大治郎カップ(年6戦)の開幕戦が19日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で行われ、17台が出場した74Daijiroクラスは八尋春葵(やひろ・はるき、9)がPPから初優勝を挙げた。3台のトップ争いとなり、他の2台が転倒する波乱のレースだった。八尋は「自分も転びそうになったけど、立て直して勝つことができて良かった。チャンピオンになれるよう頑張る」と胸を張った。2位以下は江沢伸哉(11)、村山諒(11)、長谷川雷久(らいく、9)、小田喜阿門(おだき・あもん、10)と、6位の佐々木光輝(11)までが入賞。第2戦は5月7日に開催される。

「TKレンタルバイク」笑顔で開幕

TKレンタルバイクの参加者たち
TKレンタルバイクの参加者たち
 また、武田雄一プロデュースの「TKレンタルバイクシリーズ」も同日、秋ヶ瀬で開幕。初回は15台のエントリーを集め12周のレースが行われた。優勝はレース経験者の小林正義さん(46)が貫禄の走りを見せたが、12位の布施朋紀さん(20)はツイッターで情報を得て参加。「初レースでしたが、楽しかった。もっと練習して表彰台を目指したい」と笑顔を見せた。大治郎カップと併催で年間6戦行われる。(ペン&カメラ=佐藤洋美)