オレンジ色のスーツの“サムアップ”がもとでクラッチトラブル
開発責任者が証言
トラブルさえなければ圧勝だった?トヨタ7号車(ゲッティ・共同)
トラブルさえなければ圧勝だった?トヨタ7号車(ゲッティ・共同)
 18日に終了した第85回ルマン24時間レースで優勝候補だったトヨタ・ガズー・レーシングは3台体制で臨みながら、2台がリタイアし、1台が9周遅れの8位という惨敗に終わった。特に7号車は首位を走りながらクラッチトラブルで戦線離脱したわけだが、これに関する驚がくのリポートを「モータースポーツ・ドットコ.....
【ログインして続きを読む】