世界耐久選手権(WEC)第4戦の6時間の決勝が16日、独ニュルブルクリンクで29台が参加して行われ、ポルシェの2号車(ティモ・ベルンハルト組)と1号車(アンドレ・ロッテラー組)がワンツーフィニッシュを飾った。

 トヨタ・ガズー・レーシングは7、8号車が3、4位。ポールスタートの7号車の小林可夢.....
【ログインして続きを読む】