第8戦決勝
 PPからスタートした小林可夢偉組のトヨタ7号車は8号車とトップを入れ替えながらワンツーを守っていた。が、残り40分を切った175周目にホセ・マリア・ロペスが他車と接触してクルマにダメージを負って緊急ピットイン。これで大きく遅れて、7周差の4位が精いっぱい。可夢偉は「クルマは良かったけどタイヤに悩.....
【ログインして続きを読む】