最速タイムをマーク
 WEC3年目の可夢偉は新鮮な思いだ。「スパのような素晴らしいコースで、シーズンのスタートを迎えられるのはうれしい」と話した。予選はアタック役を務めた2人の最速タイムの平均で争われ、自身は1分54秒488の最速タイムをマーク。初日の練習走行後は「クルマは素晴らしいけど、まだアンダーステア(曲がりに.....
【ログインして続きを読む】