第1戦決勝
 【スパフランコルシャンサーキット ペン=貝島由美子】可夢偉が乗り込む7号車が、優勝の8号車に続いてゴールした。予選では車両規則違反のため1周遅れでピットからスタート。そこから猛追を見せて3時間経過後には2位に浮上。約1分差まで迫った。その後のセーフティーカー導入で8号車の後ろに付けたが、リスクを.....
【ログインして続きを読む】