仏ルマン24時間レースの主催団体は21日、補欠だったLMP2クラスのドゥクエイネエンジニアリングが本戦に出場できる60台に繰り上がったと発表した。「LMGTEアマクラスのスピリットオブレースが辞退したため」と説明した。世界耐久選手権の最終戦として開かれる6月15−16日の決勝には、2連覇を狙うト.....
【ログインして続きを読む】