第7戦決勝
 トヨタ7号車の可夢偉は6位の結果に悔しさを隠せない。中盤、センサートラブルが起きたのは可夢偉が乗っていた時。2番手の8号車に50秒近い差をつけて首位を走っていたが、緊急ピットインで修復に10分もかかってしまった。「勝てるクルマだった。技術的な問題が起こるまでは全てがうまくいっていたので、大変もど.....
【ログインして続きを読む】