ルマン連覇で世界耐久選手権のシリーズ王者を決めた中嶋一貴は、日本人初の4輪サーキットレースで世界チャンピオンになったが、レース直後から同僚の可夢偉をおもんぱかって笑顔が少ない。「昨年ルマンに勝ってからワールドチャンピオンを目標にやってきた。しっかり戦いきれたが、レース後は複雑な思いで…」。何より.....
【ログインして続きを読む】