公式テスト2日目(最終日)
 世界耐久選手権の公式テスト2日目(最終日)が24日、スペインのカタルーニャサーキットで開かれ、小林可夢偉(32)らのトヨタ7号車が1分29秒141の最速タイムを記録。中嶋一貴(34)らの同8号車も0・046秒差の2番手につけ、陣営は2日間で917周を走り込んだ。可夢偉は「テストは順調だった。開幕.....
【ログインして続きを読む】