開幕戦予選
PPを獲得したトヨタ7号車の(左から)小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイ(トヨタ提供)
PPを獲得したトヨタ7号車の(左から)小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイ(トヨタ提供)
 世界耐久選手権(WEC)の2019−20年シーズン開幕戦は31日、英シルバーストーンで予選を行い、LMP1クラスはトヨタガズーレーシングの小林可夢偉(32)とマイク・コンウェイ(36)=英国=がアタックした7号車が2人の平均で最速タイムをマーク、ポールポジションを獲得した。中嶋一貴(34)らの8.....
【ログインして続きを読む】