第4戦
逆境をはね返し今季3度目のワンツーを飾ったトヨタ。(右から)優勝した可夢偉、コンウェイ、ロペス、2位のブエミ、一貴、ハートレー(トヨタ自動車提供)
逆境をはね返し今季3度目のワンツーを飾ったトヨタ。(右から)優勝した可夢偉、コンウェイ、ロペス、2位のブエミ、一貴、ハートレー(トヨタ自動車提供)
 世界耐久選手権(WEC)第4戦は14日、バーレーンインターナショナルサーキットで8時間の決勝を行い、トヨタガズーレーシングが今季3度目のワンツーを飾った。4番グリッドからスタートした小林可夢偉(33)が乗る7号車が逆転で今季2勝目。中嶋一貴(34)の8号車が続いた。今季から導入された、シーズン成.....
【ログインして続きを読む】